血管の年齢を若く保って全身に栄養を行き渡らせよう

Posted on

「爪は健康のバロメーター」という言葉を、聞いたことがありませんか?爪は、体の末端にあり、養分や酸素が届きにくい部分です。つまり、爪に艶があってきれいな色で瑞々しく見えるということは、体の隅々まで栄養が行き届いているという証拠なのです。全身に養分や酸素を送り届ける大切な働きを担うのは、血管です。ところが、年齢と共に減っていってしまうため、20代に比べると、60代では4割も減少してしまうのです。美容と健康のためには、血管年齢検査をしたり、毛細血管の年齢を若く保ち、肌や爪や髪などの体中の細胞に、十分な酸素と栄養を行き渡らせることが大切です。そのためには、生活習慣と食事内容の見直しで、血行を良くし、血流を改善することが大切です。加齢により、細胞同士の結合がゆるむと、血液は流れの途中で漏れ出し、毛細血管の劣化を引き起こしてしまいます。日ごろから十分な血流があると、細胞同士がお互いに重なって癒着しあい、血液の漏れを防ぐことができます。適度な運動を行って、血流アップをはかりましょう。また、血液をサラサラに保つのも効果的です。一日一食は、一汁三菜のスタイルで栄養バランスの取れた食事をするように心がけましょう。不飽和脂肪酸を含むサバやイワシなどの青魚や、オレイン酸が豊富な豚肉、硫化アリルを含むにんにくや玉ねぎを使ったメニューがおススメです。食事の際にはジュースより、血流改善に効果的なポリフェノールを多く含む赤ワインや緑茶を飲む方が良いでしょう。また、納豆や豆腐など、大豆ペプチドを多く含む大豆製品も、血液をサラサラにする効果が高い食材です。有効成分を毎日の食事にとり入れて、健康的な食生活をこころがけましょう。アレルギーの問題などで、どうしてもこれらの食材が不足しがちな方は、サプリメントを活用すると、効率よく有効成分が摂取できますよ。