総量規制に当てはまらない銀行カードローンとは?

Posted on

カードローンには「総量規制対象」と「対象外」という様に大きく2つに分けることが出来ます。規制対象となるカードローンは消費者金融などが取り扱っているカードローンで、厳密には「貸金業法」による管理を受けているカードローン会社が行っているサービスです。これに対し、銀行系カードローンに関しては「銀行法」による管理を受けるカードローンとなる為、規制対象外となります。

銀行系カードローンの特長となるのは、総量規制の他にも「金利が低い・融資上限金額が高い」と言ったものもあります。消費者金融系のカードローンの多くは金利を18%付近に設定しているのですが、銀行系カードローンの場合は15%程度の金利に設定されていることが多い為、「返済の負担を小さくできる」と言う非常に大きなメリットがあります。

主には銀行が主体となって提供しているカードローンが対象となりますが、中には一般的に消費者金融として知られているカードローンでも、実は総量規制と言われているものではない融資のカードローンと言うものもあります。

ある程度の知識が身についてくると、各カードローン会社のWEBサイトなどを見ただけでも判断することが出来る様になりますが、それでは判断することが出来ないという場合であれば、各社のカードローンの詳細や比較などを紹介しているWEBサイトを参考にして決める方法がおすすめです。

また、一部特例として規制対象のカードローンであっても規制対象外として利用出来る場合もある為、こちらも併せて覚えておきましょう。